白羽雪菜は、水泳部の顧問との関係に憤りを感じていたが、明石銀の前では、後ろめたさな感情を抑えることが出来ないでいた。顧問との約束―学校のある日は嫌な思い出を作りたくない…せめて休みの日に…半ば強制的にとはいえ、身体を触れられる度に自分の理性を保てなくなっていった。「…せ…んせ、も…っと…」やがて快楽に溺れ沈んでいく。
総合ランキング:70,162