あの夜から数日が経っていた。美紀男はいまだに聞けなかった、帰郷の夜に起きたことを…。なぜ?どうして?目の前で無邪気にふるまうちとせの姿は、美紀男がよく知っているちーちゃんだっただけに疑問は膨らんでくるばかりだ。そんなもやもやした思いを抱いていた美紀男の前に飛び込んでくる絶望的な光景。制服姿のちとせがいやがるそぶりを見せるどころか健三の猛々しい一物を握り、手を前後に動かして擦り上げていく。その姿は無邪気なちーちゃんではなく情欲をかき立てる女の姿であった。幼なじみのちーちゃんはどこにもいなかった…。
総合ランキング:6,927