近頃のアリサは悩んでいた。健汰(けんた)とのエッチが忘れられなくて、毎晩のように身体がうずいてしまう。キッチンで自分を慰めるアリサ。夫以外の人とエッチをするなんていけないのに、それでも身体は求めてしまう。こんな、ナインファ…いやらしいことぉ、いけないわぁ。(快楽に支配された雰囲気で)目の前にある太い物を、とにかく挿入するアリサ。それでも、健汰のビッグマラーには及ばない。ついには、秘部とお尻の両方に挿入して激しくかき回す。放出されたマヨネーズが、とろとろソースになって溢れ出す。絶頂の余韻に震えるアリサ。その表情は、快楽に飲まれつつあるのだった。ある日、風呂場でびしょ濡れになったアリサと遭遇する健汰。濡れて貼りつく服。アリサの豊かな曲線が露になる。ここで行かなきゃ男がすたる!そして閃くエロ頭脳!とにかく一発ハメちゃえば、もうアリサは健汰にメロメロなんじゃないの!?こうして始まる、健汰のスケベな日本文化講座。セーラー服は青春の証!若気の至りで中出しだ!アリサのたわわなおっぱいは、スク水なんかじゃ隠せない!最後はちょっぴり真面目な健汰。アリサが選ぶ明日はどっちだ!?
総合ランキング:84,805